歯周病科(はぐき科)って?
厚生労働省が許可している標榜できる科ではないのですが、大学病院などでは、患者さまにわかりやすく示すために、入れ歯科や歯ぐき科など本来は補綴科や保存科などと言われる分野の科目を、あえて歯ぐき科などのように最近では示すようになりました。

文字通り、歯ぐき。そうです!歯周病です。(昔は歯槽膿漏などとも言っていました)歯ブラシで歯ぐきから出血したり、ひどい場合は、自然と出血したり骨が溶かされていく病気のことです。
全身疾患とのかかわりをご存じない方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、喫煙と歯周病は深く関係しており、また心臓病・糖尿病・早産や低体重児と歯周病も実は関係があるのです。

また歯周病菌にもいろいろ種類があるため、重度の歯周病になりやすい患者さまとそうでない患者さまがいらしゃるのも事実です。歯がいくら丈夫で虫歯一つなくても、歯周病で骨がとかされて抜け落ちてしまっては大変です。早期に歯周病であることが発見できたら、進行をくい止められて抜かずに済んだのに。。。と残念なケースがたくさんあります。まずは早期発見が大切です。
健康な歯と歯茎で、一生ご自分の歯で食事をとり続けていただけるよう、当院ではサポートさせていただいております。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。