口腔外科とは?
一般歯科においては、埋伏智歯(あごの骨に埋まっている親知らず)の抜歯や硬・軟組織にできた腫瘍、事故やけがによる口腔内の外傷の縫合や整復、小帯付着異常(歯茎にある筋)などの小手術を行うのが一般的ですが、診療範囲はその医院によって異なることが多いです。

腫瘍や外科矯正などの全身麻酔を伴う処置などのように、特別な機械や設備を必要とする場合は、設備の整った大学病院などを紹介するため、口腔外科といっても一般歯科で行う口腔外科との違いは大きいです。

当院では、特別な場合を除き、埋伏抜歯や簡単な小手術は行いますので、お気軽にお越しください。
 
取り扱う疾病も炎症や、外傷(交通事故・けんか・火傷等)、腫瘍、アレルギー、神経疾患、感染症にとどまらず、奇形や各種症候群に至るまで口腔内から頭頸部顔面に至るまでの多種多様な疾病を受け持っている。外傷(打撲・骨折等)については一般外科としての素養が必要とされ、上顎洞等の炎症や悪性腫瘍は耳鼻科領域の疾患である。口唇・口腔粘膜・顔面部位の病変は皮膚科とほぼオーバーラップし、顎関節は整形外科としての分野であり、再建手術、神経症・癌性疼痛・痙攣・麻痺などの疼痛治療も必要とされ、全身医科としての術中モニタリング、全身麻酔や救急蘇生の麻酔科医としての知識・技術も必要とされる。一般人にはあまり知られていない例として、腸骨の遊離骨移植や、頸部リンパ節郭清、前額皮弁・大胸筋皮弁、頬骨骨切り術、下顎骨切り術(美容整形など)、唇顎口蓋裂の手術、気管切開、血管縫合等も行う。術前検査・全身状態の術前評価も行う。このように医科・歯科双方の体系的・統合的な知識と臨床経験が必要とされる高度な分野である。                                        (ウィキペディアより抜粋)
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。